奈良から名古屋までバスに乗ってみたら結構便利だった

こんばんは。夏休みに夏休み感のある旅行行ってないな、なんて思い名古屋に野球を見にいってきました。(世間は甲子園の決勝で盛り上がっていたのですが。笑)

IMG_1215

試合結果等はここではさておき、落合政権時代に取ってつけたように増築した高いポールが非常に特徴的(高すぎて写り切りませんでした…)

一般的なポールの高さは20mくらいですが、ナゴヤドームはその倍の41m

屋根に届かんくらいに伸びる姿はちょっとシュールでもあります

さて、奈良~名古屋へ行く際に悩むのが、どの交通手段を利用するかということ
私が思いつく一般的な手段というとこんなところです。
1.名古屋~京都間を新幹線、京都~奈良間を近鉄
2.近鉄特急で名古屋~奈良(途中大和八木か鶴橋で乗り換え)
3.バス
4.JRの在来線を乗り継ぐ
5.気合で自転車

おそらく1か2を利用するのが一般的ですが、今回はバスがあったので電車ではなくバスで移動してみました。

IMG_1179

ということで今回は奈良〜名古屋間を走るバスの良さを紹介したいと思います

実は、電車とそれほど所要時間が変わらない

バスというと、新幹線と比較してやたらと時間がかかるイメージがありますよね。

奈良〜名古屋間のバスですが、渋滞等がなければ2時間30分くらいで着きます。
名古屋~京都を新幹線(のぞみを想定)、京都~奈良間を近鉄特急で行く場合、乗り換えだなんだで1時間50分程度かかるので所要時間の差は40分程度です。

名古屋から近鉄特急で行く場合だと所要時間はほとんど変わらないので、近鉄特急と比較している場合には非常に魅力的な選択肢となります。

他の地域ではバス対新幹線で所要時間を比較すると倍以上かかるような区間もありますが、40分程度なのでこだまで行くようなもんだと思えば許せる範囲ではないでしょうか?

金額が新幹線ルートの半分以下

新幹線を利用したルートとの時間差が40分程度ということは先に触れましたが、大事なのは「じゃあ、どれくらい金額に差があるの?」っていう話だと思います。

というわけでここで各ルートの金額を比較してみたいと思います。

 交通手段  所要時間  金額
 京都〜名古屋間新幹線を利用  約1時間50分  6,630円
 近鉄奈良〜近鉄名古屋(特急利用)  約2時間25分  3,860円
 バス  約2時間30分  2,550円

40分程度の差というのは先ほど触れましたが、新幹線が6,630円に対してバスなら2,550円と半額以上、4,000円近い差となりかなりおトク。

差額でこんな美味しいものを食べることだってできます

unnamed

名古屋名物ひつまぶし。結構値が張りますが浮いた4,000円があればまあ奮発できます(それでも高いのは間違いないですが)

コンセントがあるので充電ができる

バスの良さ、その3。それは確実にコンセントが付いていることです。

新幹線であればN700系に乗れば窓側に付いていますが、通路側には一部の席を除いてついていません。ですが、奈良〜名古屋間のバスは全席にコンセントが付いています

IMG_1180

(こっそり撮ったのでピントが合ってない…ご容赦くださいませ)

乗車時間が2時間半ほどあるので、充電し忘れた!なんて時もバスに乗っている間によほど大容量の携帯でなければフル充電できるはず。

これからいろんなところを巡る時に充電ができているかどうかは結構大事なのでこういったサービスがついているのは心強いはずです。

バス停と乗車方法

と、ここまでお読みいただいた方なら、次行く時はバスのろうかな?

なんて思っていただけた方もいるかもしれません。

というわけで、最後に乗車方法とバス停を紹介したいと思います。

この奈良〜名古屋間のバスですが1日5往復運行されていて、基本的に予約なしでも乗る事ができます。(ただし、奈良側を出発する最初の便のみ前日に予約が必要です。)

一番早い便は近鉄奈良駅発だと6時50分、名古屋駅の名鉄バスターミナル発だと7時50分発です。

ちなみに、近鉄奈良駅ののりばはこのあたり

IMG_1174

この建物の道を挟んで反対側になります

IMG_1175

小さく「高速バス名古屋行」と書いてあるので見落とさなければ分かるかと思います。

続いてバス停ですが奈良県内側のバス停はJR奈良駅、近鉄奈良駅、天理の櫟本、針テラス、大和高原山添の5箇所、名古屋側は名古屋駅の南側にある名鉄バスターミナルの1箇所となります。
早朝の便だと出発時間が早いですが、なんだかんだ寝ていたら到着しているので早起きした分の睡眠時間は確保できるような感じです

結論:時間が合えばオススメ

1日5往復と新幹線や近鉄特急を利用する場合と比べると本数は少ないですが、でかける予定があらかじめ決まっている場合などの利用がオススメ。

朝の便をうまく活用し、日帰りで観光する事だって可能です。

予定が流動的であれば行きはバス、帰りは電車など組み合わせて利用すればよりフレキシブルに行動ができるはず。

名古屋へ行かれる際、逆に名古屋から奈良へお出かけの際はバスも利用してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする