アーカイブ: 1月, 2017

All

出会えたらラッキー?!レインボーラムネ 割れラムネ

入手困難と言われるまぼろしのラムネ・レインボーラムネ。 生駒市の住宅街の中にある小さな工場で作られ、生産量が少ないことからごくごく限られた場所でしか買うことができないため非常に希少価値の高いラムネとして知られています。 テレビでも紹介されたこともあって、希少価値も急上昇。今では年に2回の抽選での販売…
続きはこちらから
All

奈良酒飲みある記 Vol.4 風の森 露葉風 純米大吟醸

奈良で醸される地酒、奈良で飲むことのできるお酒を紹介する「奈良酒飲みある記」。 今回はこれまで2回にわたって紹介してきた御所市・油長酒造の「風の森」から今期初めて発売となった奈良県産の酒米・露葉風を50パーセントまで精米した露葉風 純米大吟醸です。 これまでの風の森の特徴ともいえる無濾過無加水、 酒…
続きはこちらから
All

縁日を思わせる活気!生駒駅前100円商店街

前回もならまっぷで紹介した生駒駅前100円商店街。 これまで、事前の開催のご案内についてはならまっぷでも紹介してきましたが、2017年初となる100円商店街が1月27日に開催されました。 今回、ならまっぷでは2017年初となるこの生駒駅前100円商店街の模様についてお伝えをします。 縁日を思わせるよ…
続きはこちらから
All

2017のテーマは散華×霊芝雲文 奈良クラブ 2017シーズンユニフォーム発表!

奈良からJリーグを目指すサッカークラブ「奈良クラブ」。 毎年、古都・奈良をイメージしたユニークなユニフォーム、そしてJ1昇格請負人・岡山一成が在籍していることでサッカーファンの注目を集めるこちらのクラブ。 (岡山選手といえば、試合後の岡山劇場ですね。あまりにもファンの心を掴むため、在籍するチームのサ…
続きはこちらから
All

「イチメーター」ならぬ”イナ”メーター

そう日本、そしてアメリカ・MLBでヒットを量産し、日米通算4000本以上ものヒットを積み重ねてきた世界一の安打製造機・イチロー。 彼が放った安打数を熱狂的なイチローファンが掲げ、一躍有名となったイチメーターというボード。 雨の日も、風の日も、東海岸のみならず西海岸の試合にも欠かさず訪れ、このボードを…
続きはこちらから
All

なぜ、生駒の日本酒バー「武家」は奈良の日本酒を置かないのか

東生駒駅から南へ徒歩5分ほど、旧国道168号線沿いにある日本酒バー兼うどん屋の「武家」。 かつて酒屋で勤めた経験を武器に日本酒を取り扱い、生駒市では数少ない、というか唯一といってもいいくらい昼から日本酒が楽しめるお店。 同じ銘柄のお酒でも時期によって微妙に異なる品質を見抜き、いつも最適な状態で飲むこ…
続きはこちらから
All

生駒駅前100円商店街 1月28日開催!

寒さが一段と厳しさを増してきたように感じます。 天気予報でも朝の最低気温が0度を下回ることもしばしば。 おかげで、日本酒を外で飲む量と家用に買う量が格段に増えてしまって財布も冷え込みが厳しくなりつつあります…。 本来なら冷蔵庫保管ですが、この時期は寒いので冷暗所に入れておいても変わらないですしね (…
続きはこちらから
All

奈良酒飲みある記 Vol.3 究極の食中酒を目指したチャレンジ!「儀助」

奈良で醸されたお酒、奈良で出会ったお酒を紹介する奈良酒飲みある記。 これまで2回は奈良県御所市の油長酒造さんの風の森を紹介してきましたが、今回ご紹介するお酒はこちら。 奈良市で「豊祝」を醸す、豊澤酒造さんの特約店限定の貴重なお酒です。 豊澤酒造さんといえば、近鉄電車の駅ナカに立ち飲み屋「蔵元 豊祝」…
続きはこちらから
All

奈良酒飲みある記2 爽快な発泡感!風の森 露葉風

奈良にある美味しいお酒を紹介する奈良酒飲みある記。 前回は第一弾ということで、数ある奈良の地酒の中から最も美味しいと感じている「風の森 雄町」を紹介しました。 今回紹介するのは、「風の森 露葉風」 前回紹介した風の森 雄町米と使用している酒米違いのものとなります。 風の森って名前なんだから全部一緒な…
続きはこちらから
All

生駒が誇る日本初!日本初のケーブル 近鉄生駒ケーブル

先日のブラタモリで、こんぴらさんが紹介されていました。     かつては参拝客の輸送のため、なんと4つもの路線が金毘羅宮の門前・琴平まで伸びていたのだとか。   東京のような大都会ならさておき、地方にそんなにたくさんの路線があったとは知らず昔の人にとって社寺への参拝がど…
続きはこちらから