けいはんな線 生駒〜新石切間のトンネル(生駒トンネル)で携帯の電波が入るようになってる

おはようございます。5月ももう終盤に。だんだん6月の足音が聞こえつつあります。 

(梅雨、いやだからもうずっと5月でいてくれと内心願い続けています。そんな願いが叶うわけはありませんが)

これまで山を越えて毎日大阪市内、はたまた更に遠くへ通う奈良県民の通勤の辛さあるあるといえば「トンネルの中で圏外になる」問題。

ゲームなどがクライマックスを迎えつつあるところで「おいおいおいおい、ここで圏外なるのかよー!!!」

まるで完全試合目前でホームランを打たれてしまうかのような強烈、かつもう立ち直れないほどのインパクトを受けた経験をされた方も決して私だけではないはずです。

客の要望など一切考えない自称親方日の丸な近鉄にしては珍しく(失礼)、2〜3年ほど前に近鉄奈良線の県境のトンネル、新生駒トンネルで携帯の電波が入るようになったのを皮切りに、奈良線では基本的に電波が入らない地域がないといえるくらい通信環境の整備が行われてきました。

そんななか、整備が遅れていたのが近鉄けいはんな線。


一部のトンネルでは携帯の電波が入るよう整備が進められてきましたが、大和と河内の国境のトンネル、生駒トンネルは圏外の状態が続いていました。

これまではトンネルに入るとすぐに圏外に…

超radikoユーザーな私はイヤホン越しに広がる音楽が聞こえないのがストレスでストレスで…

なんとかならんのかと思い続けていたのですが、ところがどっこい!この5月末にradikoをかけっぱなしにしていたところ…

トンネルの中でも通じる!!

5月28日には使えていなかったのですが、5月29日にはトンネルの中でも電波が入るように工事が行われたようです。(5月28日の終電後に作業をしたと思われます)

現在のところ、電波が通じることが確認されたキャリアはSoftBank。LTE回線で通じるようになっていました。

通勤利用の多いけいはんな線にあって、緊急の用事などがある際に圏外にならないのは非常にありがたい話。

携帯の電波が入るから奈良線に乗っていた、そんな方もいたかもしれませんがこれからはけいはんな線も安心してご利用できますね。


ちなみにこちらが平成29年1月現在の利用可能区間。生駒〜新石切間に関しては未整備区間として表示されています。

(平成29年5月30日確認)

まだ本件に関してのプレスリリースが出ていないので、公式に利用できることは発表されていませんが、けいはんな線での携帯電話の利用に関する公式発表が待たれるところです。

奈良県内から大阪市内へ通うけいはんな線ユーザーにとっては朗報!続報が入り次第、ならまっぷではお伝えしたいと思います。
【追記】

平成29(2017)年6月1日付でソフトバンク、NTTドコモ、auの三社からプレスリリースが発表されました。

公式な供用開始は平成29(2017)年6月2日の始発からということです。

https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2017/20170601_01/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする